出会い系サイトのアクセス数を独自に調べて比較する方法

たとえばこんなふうに考えてみよう。服を買うときに、都内と地元のどちらで買うのがおすすめだろうか。もちろん都内である。

都内のほうが規模が大きく、選択肢も豊富だからだ。すぐにお店がみつかるというだけでなく、あなたの好みや予算にあったものを妥協せずに選べるだろう。

出会い系サイトもまさに同じである。

「規模」の大きな出会い系サイトはそれだけ、選択肢が多いということで、参加者は良い相手を見つけられる可能性が高まる。

もちろん、絶対とは言い切れない。タイミングによっては、規模の小さな(後発の)出会い系でもベストな女性と出会えるかもしれない。しかし継続してある一定期間、使い続けた結果は、規模の小さなところよりも規模の大きな出会い系サイトのほうが満足がいくものになる可能性が高い。

ストリートスナップ 女性3人組

サイトの規模が大きいというのは、言い換えるとそのサイトには女性会員が多いということで、それだけでおすすめなのだ。

ではいったいどうやって、その規模をみきわめたらよいのだろう、というのが今回のテーマ。

出会い系サイトの実際の規模

もし仮に規模を会員数(公表値)で決めるならば話は早い。公式サイトに記載されている会員数をみればいいからだ。

出会い系サイトの会員数

サイト名 会員数(累積) アクティブユーザー
PCMAX 700万人以上 50万人以上
YYC 1,000万人以上 非公開
ミントC!Jメール 500万人突破 非公開
ハッピーメール 1,000万人突破 非公開
ワクワクメール 530万人以上 非公開
イククル 800万人 非公開
match.com 187万人 非公開
omiai 非公開 非公開
pairs(ペアーズ) 400万人 非公開
タップル誕生 非公開 非公開

「YYC」と「ハッピーメール」が会員数1,000万人を突破している。会員数=規模ならば、この2つで決まりだろう。――と言いつつ、話は反転する。

じつは、この会員数というのは「累積数」なのである。

累積数というのはこれまでに積み重ねた数字のことだ。積み重ねた数字なのだから、当然早くから始めた運営歴の長いサイト(老舗)のほうが有利な数字を出しやすい。

出会い系のように登録やそのアカウントの維持が無料のサービスでは、あまり利用しなくなってその存在を忘れてしまった放置会員が時間の経過とともに増加する傾向にある。ということは公式サイトの「会員数」は、必ずしも現在の実力を示しているとはいえないのではないだろうか。

単純な登録会員数だけでは、現在どのくらいの人がそのサービスを実際に利用しているかわからないのである。

そこで次に注目したのが「アクティブユーザー数(注1)」なのだけど、これにも問題がある。というのは、アクティブユーザー数を公表しているのはPCMAXのみだからだ。しかもいつの時点かもわからない。

(注1)アクティブユーザーとは、ネットサービスなどの登録会員のうち、ある調査時点で、あるいは日常的にそのサービスを利用している人のこと。

ここであなたは、不安になる。再びネット検索を始めて、たまたま見つけた出会い系サイトのランキング情報(いわゆるネットの怪情報だ)をみるかもしれない。世の中には「出会える出会い系サイトはこちら」というアドバイスが溢れているから。

でもこのやり方もやっぱりうまくいかない。なぜなら、その前提となるデータが一個人の体験に基づいたものであることがほとんどで、そういうサイトはとにかく多すぎるから。――だって「出会い系」単一のキーワードでインデックスされている記事はなんと640,000もあるんだよ!

(要するにおすすめのサイトの提案は単純に見積もって64万通りもあるってことだ)

そこでぼくは、まったく新しい比較の方法を提案したい。WEBサイトのトラフィックを調べるツールを使って、対象となるサイトの実力を調べてしまうのだ。

でもどうやって?

SimilarWeb(シミラーウェブ)でアクセス状況を調べる

WEBサイトの運営者なら誰もが知っている「SimilarWeb(シミラーウェブ)」というWeb解析ツールがある。このツールを使えば、

  • Total Visits=直近6か月のアクセス数
  • Visit Duration=平均滞在時間
  • Pages per Visit=平均ページビュー
  • Bounce Rate=直帰率

といった、対象となるサイトのトラフィック(アクセス状況)がわかる。なかでも「Total Visits」に注目しよう。この数字は過去6ヶ月間の総アクセス数である。つまりこの数字をみれば、直近でどれくらいの人がそのサイトを利用しているのかということがわかってしまうのだ。

pcmax.jp Analytics - See Traffic Ranking & Stats

※上記のような競合サイトの詳細な解析レポートが手に入る。興味のある人は自分で調べてみるといい。

 

「SimilarWeb(シミラーウェブ)」をひとことで言うと、これは競合他社のアクセス状況を丸裸にする有料のWEB解析ツールだ。月額料金はかかるものの(20,000円~)出会い系サイトの本当の実力を知るにはこれほど適したツールはないと思う。

アノ出会い系サイトのアクセス数(女性会員数)が丸裸に!?

試しにPCMAXのTotal Visitsの値をもとに女性会員のアクセス数が1日平均どれくらいあるのか計算してみよう。

2016年7月時点でTotal Visits=5.5Mとなっている。Mは補助単位で100万の桁だ。5.5Mという数字に100万を掛けて6ヶ月で割ると月間アクセス数がわかる。5.5×1,000,000÷6ヶ月間=約92万(月間アクセス数)

月間アクセス数は92万である。1日のアクセス数はこの数字を31(日間)で割ればいい。

92万÷31日間=約3万(デイリーアクセス数)

1日に約3万アクセスである。

サクラだらけのサイトを除いて、一般的にまともな出会い系サイトでは男女比を6:4にするべく広告費の投入やお知らせメールの配信等で調整している。つまりこの3万というアクセス数の4割は女性会員ということになる。

1日のアクセス数3万×0.4=約12,000アクセス(女性会員)

当然だがこの数字はあくまで推測値なので実際の数値はこれよりも少ない値になるものと思われる。

計算式についての説明は以上である。

さっそくやってみよう。(もちろん自分でお金をかけて調べてみてもいい)

誤解のないようにあらかじめ断っておくと、ここでは「比較に値しない小規模サイト」をいちいち検証したりはしていない。つまるところ、上位の大規模サイトのいくつかに登録しておけば、出会いに関して何の不自由もないからだ。

実際に計測してみた結果がこちら

出会い系サイトのアクセス数を計測

PCMAX
Total Visits=5.5M
月間91万6,000アクセス
デイリー約3万アクセス
うち女性会員のアクセスは約1万2,000/1日
YYC
Total Visits=2.0M
月間33万3,000アクセス
デイリー約1万1,000アクセス
うち女性会員のアクセスは約4,000/1日
ミントC!Jメール
Total Visits=1.40M
月間23万3,000アクセス
デイリー約8,000アクセス
うち女性会員のアクセスは約3,000/1日
ハッピーメール
Total Visits=3.90M
月間65万アクセス
デイリー約2万1,000アクセス
うち女性会員のアクセスは約8,000/1日
ワクワクメール
Total Visits=7.30M
月間121万7,000アクセス
デイリー約3万9,000アクセス
うち女性会員のアクセスは約1万6,000/1日
イククル
Total Visits=2.1M
月間35万アクセス
デイリー約1万1,000アクセス
うち女性会員のアクセスは約4,500/1日
マッチドットコム
Total Visits=1.10M
月間18万3,000アクセス
デイリー約6,000アクセス
うち女性会員のアクセスは約2,000/1日
omiai
Facebook連動型の出会い系アプリのため、計測できず。
pairs(ペアーズ)
Facebook連動型の出会い系アプリのため、計測できず。
tinder
Facebook連動型の出会い系アプリのため、計測できず。
タップル誕生
Total Visits=291.10K
月間4万8,000アクセス
デイリー約1,500アクセス
うち女性会員のアクセスは約600/1日

※データの取得は2016年7月に行いました。
※数値は読みやすいように丸めています。
※男女比6:4という前提で試算した推測値です。
※PCとスマホで表示されるサイトが違う場合は、データの合算を行っています。

【出会い系】月間アクセス数上位3社

スマホ 女性

アクセス状況(トラフィック)さえわかれば、本当に女性が多く活動しているサイトに到達するのは簡単だ。

「規模の大きな出会い系サイト(女性のいるサイト)」がわかれば、あとは出会いを求めて、そのサイトに登録すればいい。おそらく現時点でこれ以外に効率的かつ公平な比較方法は存在しない。

 

  1. ワクワクメール

    ワクワクメール

    月間121万7,000アクセスあるモンスターサイト。いい意味で予想を裏切られた。

    出会い系サイトの質を一概に数だけで語るのには若干抵抗があるのだけども、なんだかんだ出会い系って数が正義な部分ってあるよね。女の数が多いということはすなわち、出会いやすいと言えるわけで。

  2. PCマックス

    出会いSNS PCMAX(PCマックス)

    月間91万6,000アクセスを誇る”国内最大級”の出会い系サイトだ。ぼくが使っている出会い系サイトの中ではPCMAXが一番アポ率が高い。

    どういうわけか、ワクワクメールよりも体感的な女の多さはこっちのほうが上だ。たぶん返信が早いとか、即会える子が多いとかの理由もあるとは思う。

  3. ハッピーメール

    ハッピーメール

    月間65万アクセスの言わずと知れた老舗の出会い系サイトだ。とにかく「プチ援交女」が多いが、こっちもそういうものだと割り切れれば楽しい。基本は上から目線で値下げ交渉するスタンスが正解だろう。タダマン・格安マンに移行することも珍しくない。

    一時期好んで使っていたこともあった。最近はとくに18歳未満(いわゆる未成年)が混ざるようになってうんざりしている。言うまでもないが、対応には十分注意したい。

あとがき

ぼくは出会い系情報サイトの運営が仕事だ。

出会い系に月平均8,000円~多いときは万単位で課金し(最近は落ち着いた)、特に、地味だが実際にサイトを利用し、女性と直接お会いして得られた体験を文章にするというやり方で仕事をしている。主なフィールドは東京だが、他にも車や電車で移動できる範囲(いわゆる地方)にも足を伸ばしている。

出会った女性とは個人的な友人以上の関係が続くこともあるが、しかし多くの出会い、そしてつながりは、断片的で一時的なものだった。見ず知らずの女性と一夜を過ごし、そうして二度と会わないことはかなり多い。

出会い系 女性

いずれにせよ、そうした体験の積み重ねから得られる個人の感想をもとに、出会い系はどこがおすすめか? ということを考えてきたのだ。

当然だが、個人の体験だけをもとに”出会える出会えない”を、あるいはそれをそのまま出会い系サイトの評価として一般化し全体化することは、偏見や偏りと無縁ではいられない。

本記事の検証により、それらがよい意味で裏切られたと思う。

人気記事ランキング

アーカイブ

外部ライター募集

本サイト「即系物件.com」では出会い系、ナンパ、風俗、恋愛ネタ関連のオリジナルコンテンツを書いてくださるライターさん(プロ・アマ問わず)を募集します。

⇒募集内容はこちら

お問合せ

サイトに関するお問合せを承っております。

⇒お問合せはこちら
ページ上部へ戻る