ナンパでコミケのコスプレ娘と出会うまで(前編)

去年の夏のことだ。コスプレイヤーと知り合いたいと思った。

きっかけはネットで拾った一枚の写真だった。

ぜかしま 画像 コスプレイヤー

濃紺で超がつくくらい短丈のミニスカート。バックスタイルからは白いふわふわした饅頭(まんじゅう)のような尻肉が見える。脚刳り(あしぐり)の深い黒の下着が腰部から惜しげも無くその鋭角ラインを晒している。

いやもうとにかくエロい。

 

お察しかと思うが、これは艦隊これくしょんの島風(しまかぜ)というキャラクターのコスプレだ。ネット調査を敢行すると出るわ出るわ。かなり際どい画像もあった。彼女たちは素人感があるぶん、着エロよりもリアルで生々しい。

(たとえばスカートの裾をめくり、路上のギャラリーにメコスジ(注1)をみせる女性レイヤーもいた)

(注1)メコスジとは、下着が女性の陰部に食い込んで浮かび上がる縦スジのこと。大陰唇と陰裂の凹凸(おうとつ)が明瞭に視認できる状態

彼女たち(コスプレイヤー)は取り巻きのカメラ小僧と、一夜をともにする。

「硬い、硬いわっ」

「ん? 何が硬いんだ。誰の何が、硬いんだ?」

「あ、カ、カメラ小僧くんの、カメラ小僧くんの……ぼ、望遠レンズが……よ」

知らないけど。

コスプレイヤーに会いに行く

コスプレ女と出会うにはどうしたらいい?

コスプレ界隈の事情に詳しくない一般人がいくら考えたところで良い案が浮かぶはずもない。大きなイベント(注2)に行けばなんとかなるだろうと、直近で開催されるコミケへの参加を決めた。

早速ネットでイベント日程を調べる。最終日なら参加できそうだった。これはもう行くしかない。ぶっちゃけビジュアルは普通の子でもコスプレで魅力は3割増しになるはずだ。

期待に胸が膨らんだ。

(注2)コスプレイヤーが集まるイベントといえば関東ならコミケ(コミックマーケット)、関西なら日本橋ストリートフェスタが有名です。

新宿から、りんかい線で国際展示場駅へ

当日の朝。

開場は11時で、どうやら午前中は大変混みあうらしい。新宿駅のネカフェで軽く休息をとり、9時にりんかい線に乗り込む。

 

30分ほどで国際展示場駅に着いた。

国際展示場駅はコミケ開場前だというのに、参加者でごった返していた。改札付近は大渋滞。すぐとなりにいたオタクのねっとり汗ばんだカラダが密着して大変不快。

 

駅のとなりにあるローソンに入店。

コンビニの商品陳列がとにかくすごいと聞いていたので興味本位で覗く。

おにぎりやお茶がコーナーにびっちりと積まれている。もうこうれでもかというくらい。レッドブルにいたっては棚7~8段すべてにそれぞれ100本近く並べられていた。たしかにすごい。

 

駅前から会場までえんえんと人の列。ここで(ナンパ)できるんじゃないのというくらい女性がいる。男ももちろんそれ以上に多いが……。

途中、無料配布の団扇を受け取って、捨てた。

 

ビッグサイトの裏側、「484号線」を黙々と歩く。話し相手もいないので、ただただ苦行。しかも後続が詰まるので立ち止まれないし休めない。

となりを歩いていた30代の女性に声をかけみた。小さなバッグとペットボトルを持ったこの女、いわゆる腐女子だった。サークル活動をしているのだという。

ピクシブ(イラスト投稿サイト)とボーイズラブの話がえんえんと続き、閉口する。

東京ビックサイトに到着

ようやく東京ビックサイト入り口に到着。駅を出てから1時間が過ぎていた。噴き出した汗でシャツがからだに張り付いている。

着いたばかりなのにもう帰りたい。

 

とりあえず館内に入る。冷房が効いて快適だった。三次元専門なのでとくに欲しいものはないかな。

会場では、みな同人誌を買おうと必死でナンパする雰囲気ではなかった。

 

こっちを怪訝(けげん)そうにじろじろ見る女がいた。物は試しと近寄って声をかける。

男「ねえ、ひとり?」

女「何ですか?」

男「はじめてだから、どうしていいかわからなくてさ。一緒に周らない?」

この女、デコルテにハリがない。よくみると目元にちりめん皺さえある。

年増だった!

 

女「ナンパですか?」

男「いや、そういうわけじゃなくて……」(言われなくても去るつもり)

女「(会場スタッフ)呼びますよ」

男「ええ!?」

その場から退散する。

恐ろしく自意識過剰な女だった。

コスプレ会場

屋上のコスプレ会場。

外にいると真夏の日差しで肌がじりじりと焦げてくる。日曜だからか、かなりの人だ。

エロいコスプレ衣装の子には一眼レフを持った男どもが群がっている。

ローアングラーは無言で、パシャ。パシャ。パシャ。

 

植え込みの角で女が座り込み団扇(うちわ)を使っている。近くにはこれから着るであろう衣装が無造作に置いてあった。

声をかける。

決して美人というわけではないが胸と尻が大きく、肌が若かった。愛想もいい。

話をしていると、少し離れたところにいた若い男性がぼくに気づいて駆け寄ってきて言った。

「◯◯さん、準備まだなんでー。マナー守ってください」

やはりオタクの世界でも女性は貴重らしく、ごく普通の女でも取り巻きのファンに厳重にガードされているようだ。

丁寧に謝る。それでも不服そうにしている男。

女は男を制止し、ぼくに名刺を差し出して言った。

「今度イベントやるんです。よかったら連絡ください」

 

会場内をフラフラ歩く。暑い。

鶏ガラにセーラームーンのコスプレをさせたような女。

声をかける。

撮影目的じゃない(ナンパ)とわかると、鶏ガラの女はとたんに不機嫌になった。それでも気にせずに続ける。

 

男「ねえ、それってセーラームーン?」

女「アスナ!(注3)

男「あすな? 名前?」

女「冗談でしょ? アスナ知らない? なんで?」

(注3)アスナとは、「ソードアート・オンライン」(電撃文庫刊)のヒロインです。

その場でスマホを取り出し、アスナを画像検索する。衣装もビジュアルも、そのあまりの似てなさっぷりに絶句した。

コミケの囲み撮影に割って入ろうとすると……

よくわからないコスの女を発見する。

ただし今回は上物だ。あどけない顔に幼そうな肉体。若い。下着でないことがかろうじてわかるほどの白くて薄い服を着たその女は地面に直接腰を下ろしている。

人が群がり、近寄れない。360度カメコに完全包囲された彼女は、それでも臆することなくギャラリーのリクエストに応じ、誘うような目つきでカメラを見ている。

 

他意なく割って入ろうとすると、前を陣取っていた男たちが肘でぼくを押し返す。振り返り、血走った目で一瞥(いちべつ)したあと、それでも何かを言うでもなく無言でいる。

「邪魔をするな」

そう言いたいのだろう。

男たちのあの目はよくない。トラブルになる前にそっと離れた。

 

背伸びすると、遠目からローアングラーがカメラのファインダー越しにねっとりした視線を送っているのが見えた。視線の先で狙っているのは立ち上がった彼女の、スカートの中身だろう。

顔と猥褻な下半身を交互に撮っている。

いったい彼女たち(コスプレイヤー)にはこういう男たちがどう写っているのだろう。自分が女だとしたら? 想像してみたら、それはおぞましい光景だった。

コミケ コスプレイヤー

当初の目的だった艦これのコスプレ女とか、わりとどうでもよくなってきている自分に気づく。

本音をいえばコスプレ自体、本当に好きなのかよくわからなくなってきていた。適当な女に好みのコスチュームを買い与えて着衣セックスすればそれで満足なのではないか。そんな疑念がふつふつと湧いてきた。

この女、即系物件

さっきの名刺女が衣装に着替えて待機していた。立ち止まる。ギャラリーはいない。

目の前の女の、半袖から溢(こぼ)れる二の腕や、胸の膨らみに目を遣る。

女「もう帰るん?」

男「うん」

女「この暑さじゃけえね」

男「うん」

方便を話す彼女の生まれが気になった。

 

女「何か飲みます?」

男「いいや」

女「そうなん。じゃあまたね」

女は手を振った。

 

まだはじまって間もないイベント会場をあとにする。

結局、コスプレイヤーのつながらない携帯番号をいくつかと営業名刺を手に入れただけだった。疲労だけが残った。

(後編へ続く)

↓↓詳細はココをクリック↓↓ 出会い系ランキング情報
スマホ@出会い系
即系物件.com

即系物件.com管理人

投稿者プロフィール

本サイト「即系物件.com」管理人。元編集者。風俗、ナンパ、出会い系の記事を書いています。

出会い系サイトをはじめたきっかけ
その他、詳細については投稿者プロフィールへ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 出会い系では兎にも角にも最初のメールの書き方次第で会えるかどうかが決まってくる。 現実には口下…
  2. 8月2日はパンツの日。唐突だが、パンツの日に合わせて、女性の使用済み下着を手に入れたいと思った。 …
  3. 「メンヘラーは母乳がでる」 メンヘラ以外でこのことを知っている人は個人的には相当な好き…

出会い系特集

  1. 2016-7-31

    スマホで出会える出会い系特集

    ぼくが若い頃は同級生の女の子がテレクラでオヤジと出会っていたが、 いまとなっては若い女は...
  2. 2016-7-21 更新

    出会い系ランキング情報

    「とにかく今すぐセックスしたい方」「セフレがほしい方」「たくさんの女性と体験したい方」...

人気記事ランキング

アーカイブ

外部ライター募集

本サイト「即系物件.com」では出会い系、ナンパ、風俗、恋愛ネタ関連のオリジナルコンテンツを書いてくださるライターさん(プロ・アマ問わず)を募集します。

⇒募集内容はこちら

お問合せ

サイトに関するお問合せを承っております。

⇒お問合せはこちら
ページ上部へ戻る