タダで即ヤレる女は出会い系といえどもレアケース。ただし例外はある

最初にことわっておくと、タダで即ヤレる女というのは出会い系といえどもそうすぐにはみつからない。(たいていは親密になるための時間が必要だ)

ただし例外もあるように思う。

経験則でいうと20代後半の結婚願望が強い女だ。

心が満たされた女をいくら誘っても股は開かないが、満たされないで精神的に弱っている子ならばたやすい。

出会い系の20代後半女性 イメージ画像

20代後半といえば、周りは結婚ラッシュである。

他人の幸せに触れるにつけて、結婚できない焦り、彼氏のいない寂しさ、このまま一人でいることの漠然とした不安といったものを程度の差こそあれ感じているはずで、これが出会いへの渇望感を生んでいる。

出会いへの渇望感があるということはつまりは本気度が高いということで、ひいてはタダマン率の高さにもつながっているのだと思う。

出会い系の行き遅れをタダマンに持ち込む具体的な方法

タダマン(お金をかけずにSEX)狙いのあなたは、出会いに待ったなしの行き遅れを狙うといい。

ただ、どの娘が結婚に焦っているのかをすべて前もって知ることは不可能だ。したがって、ここはざっくり20代後半かつ独身の女性層をターゲットにかたっぱしからトライするのが正解。

ではさっそくやってみよう。

心にゆとりはありますか?

このやり方は多くのメル友(20代後半女性)を集めることからはじめる。なぜなら”心のゆとり”が必要だからだ。

やってみるとわかるが、メル友が多くなればなるほど、一人の女性に執着しなくなる。これはつまり、ゆとりがある状態だ。

心にゆとりのない男の誘いは、やることがくどいし、ストーカーじみてくる。

たとえばLINEの既読スルーに耐えられなくて、「お~い。生きてる~(笑)」といった女性がドン引きするメッセージを送ってしまったりする。

こういう心にゆとりのない男は多い。で、女はそういうことをする男を例外なく「気持ち悪い」とか「怖い」と思ってしまうのである。

メル友を集めましょう。広く浅くが理想的です

心のゆとりが必要なあなたは、まずは出会い系で20代後半の行き遅れにかたっぱしからメッセージをばらまくことからはじめるといい。

先人の教え、「数撃ちゃ当たる」はあながち間違いではないのだ。

※出会い系で効率よくメル友探しをする場合は、プロフィールの充実と返信率の高いファーストメッセージ(定型文)は必須だ。これについて詳しく知りたい方は過去記事を読んでおこう。

連絡先の交換ができたら、最低限、メル友の関係になっておく。メル友は多ければ多いほどいいのはいうまでもない。

広く浅くが理想的だ。

ところでなぜ出会い系かというと単純に「効率」がよいからです。ほかに選択肢(代替手段)があればそれでいいと思う。(たとえばナンパでメアドを集めることもできる。いままでぼくはこのやり方だった)

ただ、出会い系が効率という点で最強なのは間違いがありません。手っとり早く、かつ効率よくタダマン女にありつきたいなら出会い系はおすすめです。

会う約束を取り付けるまでのやり取り

実際のメールのやりとりの例を紹介しよう。まずはこのような感じで誘う。

男「よく遊ぶところってどこなの?」

女「地元かなぁ」

男「地元ってどこ?」

女「埼玉だよ」

男「あ、そうなんだ。俺は池袋だから埼京線で近いよね。じゃあさ、こんど時間あるときに軽く遊ぶってのはどう?」

もし仮に知らない場所をいわれたとしても、「え、そうなの? そこの近くに俺の友達いるから、たまに行ったりするよ」とでも言っておく。

「マルヒロとか行ったりする?」(丸広は埼玉にしか支店のない百貨店だ)

こういったご当地ネタのひとつもぶっこんでおけば完璧だ。

即アポ可能なら

もし会えそうなら、そのままメールのやり取りを続ける。

男「たとえば今週とか、どんな感じ?」

女「土日は休みだけどちょっと忙しいかな。予定がはいってる」

男「じゃあ来週だね。月曜でいい?」

女「月曜は仕事。あんま時間ないよ」

男「えっと、おたがいはじめてだからさ。仕事が終わったあとの小1時間くらいで逆にちょうどいいのかなと思ってるんだよね」

女「それならいいよ」

男「じゃあさ、池袋駅西口20時でどう?」

女「うん」

男「じゃあそんな感じで」

女「わかったー」

男「はい、じゃあよろしくね」

だいたい打率は1割くらいだが出会い系なら女のメアドを集めるのに苦労はしないので、この方法がじつにうまく機能する。

当然だが出会いに待ったなしの女がゆえにビジュアルに期待してはいけない。ぶっちゃけやってくる女の大半は微妙な女である。

だが微妙な女でも口説いているうちにソノ気になるものだ。「ヤるか、ヤらないか」は親密な雰囲気になってから判断しても遅くはない。

体感的には、10人中2人は中の上で、1人はかわいい子である。

残りは微妙な女だが、そこはパーツごとに分解すれば良さが見えてくるものだ。(当然だが、性格等も考慮しよう。すべてにおいて残念な子はそうそういない)

返答があいまいでどうも会えそうにない

「どうかなあ、急にバイトのシフトが入ったりするからまだわからないんだよね」

女の返答がどうも曖昧で積極的ではない場合はどうするか。

これに対しては、

「そっか、じゃあまた別の機会だねー」

と返信。

出会いに乗り気でない女と会うことは難しいし、たとえ会う約束をしても当日にドタキャンする確率が高い。それなら気が変わるまで待ったほうが、成功率は高いだろう。

翌週ももちろん連絡するが、「忙しい」という言い訳が続くようなら、

「じゃあまたね。そっちの予定が空いた頃にまたメールするよ」

とでも返しておく。

そうして見込みの薄い女としてメールの頻度をかなり落として対応しよう。(月1の連絡、あるいはメモリーから消去でもいい)

もっとメールしてお互いを知ってからのほうがよくない?

そろそろいい感じだと思ってアポをとろうとすると、

「えー、早くない? まだお互いよく知らないよね」

これはよくあるメンドクサイ展開だ。こういう女は、会ってもその日になかなかSEXまではいかないし、口説きの手間もかかる。

メンドクサイことはやらない主義なので、ぼくは、「いいよ。じゃあ気が変わったらということで」と返してその後はやはりメールの頻度を落として対応する。

ここで粘って悪い印象を与えるよりも、望みをつなぎつつ別の女を探すことに労力をかけたほうが、結果的に数が伸ばせると思っているからだ。

まあ、これがもったいないと思う人もいるだろう。

もしかしたら相手の子は臆病で、ネットの見ず知らずの男とリアルで会うことに慣れていないだけかもしれない。

だから、

「せっかく知りあったのに、会わないで終わりってもったいないよね。それにさ、ちょっと会ってみてどういう人かわかったほうが今後のメールのやり取りも楽しいんじゃない?」

と提案してみてはどうだろう。

まじめな子にはこういったアプローチは効果的だ。

出会い系に月3,000円以上投資できる人向けの内容

出会い系の相場をご存知だろうか。

3,000円/月だ。

一般に出会い系サイトのメール送信にかかる費用は1通50円なので、3,000円で60通ものメール送信が可能になる。60通もメールすれば少なく見積もっても月に10人はメル友ができるだろう。

これくらいならまだいい。

問題は、ぼくのように躊躇なくポイントを消費するような使い方をする人だ。おそらく、あっという間にメル友は増えて収集がつかなくなってしまう。

そんな人のためにぼくは、よりラクで効率的な方法を提案したい。今スグ会えない子は見切りをつけてしまうのだ。

 

頃合いをみて、切り出そう。(ぼくの場合はメル友が増えすぎたタイミングで整理のためにやっている。要するにテキトーです。)

たとえば、

「昨日の写真みたよ。◯◯ちゃんの飼ってる猫かわいいねー。ところでさ、◯◯ちゃんは出会い系で実際に会ったりとかは考えてる人?」

これに対し、

「今は考えてないかなー」

こういう女はいる。この時点で「そっかー、じゃあ気が変わったら、だね」と返してメアド消去する。

「え、なんで?」

とか、

「いい人がいたら」

あるいは、

「なになに笑笑、会いたいの?」

こういう返答なら望みがある。メールを続けよう。

「いや、こっちはまじめだから、そのあたりは重要だなと思ってさ。そう思わない?」

女に「うん、そうだね」と認めさせてから、

「OK、じゃあさ、今週、◯◯駅(地元)に来れる? 友達に合コン誘われてるんだけど、今こうやって話してるうちに◯◯ちゃんと遊んだほうが楽しそうだなーって思ったんだよね」

世間話から一転、「オマエ、会えるの会えないの、どっちなの?」と、ソフトかつ強引に迫っていくのである。

メールのタイミングや、本文のこまかいストーリー、整合性などどうでもいい。とにかくここでのポイントは「時間をかけずに」、女にこちらの主張を一方的に押し付けて「選択を迫る」ことなのだ。

このやり方で引っかかる子は十中八九”押しに弱い子”なのでほぼ確実にヤレる。

 

地元の駅まで来たら、世間話で間を持たせつつ自宅に直行する。

「あ、ここ俺の家。立ち話もなんなんで。DVDとか漫画揃ってるからまったりできるよ」

さも当然のごとく部屋に進んで、ハイいただきますだ。

そりゃもっと丁寧にやれば取りこぼしは少なくできるだろうが、数を伸ばすうえでホテル代やら居酒屋といったワンクッションを省いて費用を節約できる点は大きいのではないか。

今週がだめなら?

話を切り出してから会う日は、なるべく早いほうがいい。先延ばしにして会えたためしがないからだ。

ただし、しつこくするのは逆効果である。今週がダメならそこにこだわる必要は当然、ない。

「今週だめ? そっか、じゃあ来週でどう?」

くらいで。

いきなり会うのはないかな

女から、「いきなり会うのは、ないかな」くらいにやんわりと拒否されるかもしれない。

この場合は、「いいよ、じゃあまたの機会に誘うね」と返信する。当然、見込みの薄い女としてメールの頻度は落として対応しよう。

これを定期的に繰り返すと、「前回断ったから……」と引け目に感じる女がいて誘いに応じてくれたりもする。気持ちの変化もあるのかもしれない。

どうしてもあきらめきれない子がいた場合は、

「もし会うのが怖いなら、全然いいよ」

と一歩引いてみる、というのでもいい。

ぼくも実際、プロフの写真をみて気になった子には一歩引いた対応で様子をみることもある。なかには、「えっと別にそういうことじゃなくて……」と歩み寄りの姿勢を見せてくれる子もいる。

結論。出会い系の行き遅れはいくらでもいるので「雑」な扱いでいい

もうお気づきのように、ある一定期間を過ぎたぼくの彼女らにたいするアプローチはすべて、基本的には「雑」になる。

当然、ひとつひとつの成功率は高くない。個別のメールに丁寧にやり取りしていたときよりもむしろ下がっているはずだ。あなたがやっても、おそらく返信の8割はお断りになるだろう。

でもそれでいいのだ。

メールの管理は格段にラクになるし、居酒屋で酒を飲ませるといったワンクッションは不要になるので費用も節約できる。

出会いに待ったなしの女には「雑」なアプローチでいい。代わりはいくらでもいるのだから。とにかく分母を増やして期待値に収斂(しゅうれん)させていくことだ。

どんな子が出会い系にいるの?

割り切り女性を除くと、一般の素人女性は彼氏と別れたときや、とくに就職活動、仕事でうまくいっていないとき、人間関係で疲れているときに出会い系に登録する傾向がある。

「なんで出会い系やってるの?」

と聞くと、

「うーん、なんとなく」としか答えない彼女たちだが、よくよく話しを聞いてみるとそれなりに事情があるものらしい。

出会い系 20代後半 若い子 画像

先日、取材したフリーターの子。彼女の地元にて。

 

「つい最近までカフェで働いていました。でも、合わなくて辞めちゃいました」

――前職は?
「その前はエステの会社だったんですよ。きつかったですね。朝9時半頃から夜中の23時頃までの勤務があたりまえで」

――実働時間は?
「実働時間? あー、はい。えっと、12時間くらいにはなりますね。休憩は30分とれればいいほうかな。最初はシフト制って説明だったんですけど、お客さんの予約で変わっちゃうから結構いい加減な会社でしたね。寝るのは0時過ぎでした。予約が確定すると会社から電話がくるので寝れないです。疲れがたまってだんだんと気持ちに余裕がなくなってきます」

――給与はどれくらい?
「15万です。ちょっと見合ってませんよね。他がわからないのでなんとも言えませんけど。福利厚生ですか? ないですね」

こんな状態だから当然体調は崩す。だが、会社に休むと連絡すると上司から「じゃあ、予約の客はどうするの?」と言われると休めない。そんな働き詰めの生活を半年も続けて、ある日の朝、起き上がることができなくなったのだという。

心療内科を受診すると「適応障害」の診断を受けた。ようやく休職することができたが、その後も職場に復帰ができず退職にいたる。

――他に相談する友達はいなかった
「まわりはもう結婚してますね。あまりそういう話しはしません。見栄もあるのだと思います。正直、内心は焦りしかないですね」

――なぜ出会い系だったのですか。彼氏とか?
「あのときは不安定だったんです。誰かに話を聞いて欲しかっただけなんですよね。えっ、(出会い系で)彼氏ですか? 欲しいですね。だって相談にのってくれるじゃないですか」

――いまも出会い系やってますよね。いい人はいましたか?
「あはは、そこツッコむんですね。(出会い系に)まともな人ですか? 少ないんじゃないですか? でもきっと、どこかにまともな人がいると思って、繰り返し登録してしまいます」

――出会い系やってること、周りは知ってる?
「最初は話ししてましたね。まわりはみんなダメでしょって言うけど、言うとおりにしてたら未来はあるのでしょうか。同じ境遇の人ならわかると思うんです。このままで将来結婚できるかっていえば、できない」

――ぼくと会ってみようと思ったのはなんで?
「なんかちょっと強引だなーって。でも嫌な感じじゃなかったし、会ってみるだけならいいかなって」

その後……

ひととおり話が終わると彼女は言った。

「ねえ、私なんかインタビューされてるみたいじゃないですか?」(取材だから当然だ)

ドキッとしながらも「そう? 何か問題でも」

冷静に返す。

「ううん、変な人だなって。それで……このあとどうするんですか?」

「いや特に何も考えてなかったかな。解散とか?」

「あっ、ほんとに会うだけだったんだ。別にいいのに」

「別に?」

「うん」

彼女はいたずらっぽく笑う。

結局、カラオケに行くことになった。もしかするとその後の展開もあるかもしれないと思った。

 

店内。

「ねえ、歌って歌って」

indigo la endの「夜汽車は走る」という曲だった。そんな曲は知らないというと、じゃあ自分で歌う、という。

歌いながら泣き出した。

切ない系の曲を聞いて感情移入するめんどくさい女だったが、不思議と嫌な感情はなかった。「寂しいの、だからもう少しだけ話を聞いて」ぼくには彼女がそう言っているように思えたのだ。

薄暗い店内で曲だけが流れる。

そうして、

「もうむり、したいよ」

ポツリと言った。しばらくセックスしていないのだという。

「俺、と?」

彼女は少し考えこんで、「ないかな。◯◯さんやさしいから、そういうの似合わないよ」

やはり、女は雑に扱うのが正解だったようだ。

↓↓詳細はココをクリック↓↓ 出会い系ランキング情報
スマホ@出会い系
即系物件.com

即系物件.com管理人

投稿者プロフィール

本サイト「即系物件.com」管理人。元編集者。風俗、ナンパ、出会い系の記事を書いています。

出会い系サイトをはじめたきっかけ
その他、詳細については投稿者プロフィールへ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 出会い系では兎にも角にも最初のメールの書き方次第で会えるかどうかが決まってくる。 現実には口下…
  2. 8月2日はパンツの日。唐突だが、パンツの日に合わせて、女性の使用済み下着を手に入れたいと思った。 …
  3. 「メンヘラーは母乳がでる」 メンヘラ以外でこのことを知っている人は個人的には相当な好き…

出会い系特集

  1. 2016-7-31

    スマホで出会える出会い系特集

    ぼくが若い頃は同級生の女の子がテレクラでオヤジと出会っていたが、 いまとなっては若い女は...
  2. 2016-7-21 更新

    出会い系ランキング情報

    「とにかく今すぐセックスしたい方」「セフレがほしい方」「たくさんの女性と体験したい方」...

人気記事ランキング

アーカイブ

外部ライター募集

本サイト「即系物件.com」では出会い系、ナンパ、風俗、恋愛ネタ関連のオリジナルコンテンツを書いてくださるライターさん(プロ・アマ問わず)を募集します。

⇒募集内容はこちら

お問合せ

サイトに関するお問合せを承っております。

⇒お問合せはこちら
ページ上部へ戻る