出会い系女性が思わず食いつく、効果的なプロフィールの作り方

girl PC

「あー、駄目駄目ですね。プロフはもっとかっこ良くかかないと……」

ことごとく駄目出しをされていた。

「こんなんじゃ20代はぜったいに釣れませんよ。せっかくフリーライターなんですから、実際どうなのかはさておき格好良さを積極的にアピールして書かないと」

僕は「えぇ、はい。すみません」と頭をかく。

 

今、目の前にいる人物、ヒロ氏とは某クラウドソーシングサービスを通じて知り合った。ヒロ氏は「出会い系サイト攻略」の情報商材を販売している人物だ。僕はスカイプのビデオ通話を通して、彼からPCMAXの効果的なプロフの書き方のレクチャーを受けていた。

「それとプロフ写真ですが、カメのぬいぐるみですか? うーん、20代ターゲットなら顔写真、最低でもファッションの雰囲気だけでもわかるものを入れないと相当ハードル上がりますよ? 自信がなければアプリで加工しましょう。詐欺写メでいいんすよ」

ヒロ氏は断言する。顔写真は絶対に必要だと。サングラスやマスクで顔を隠すのはNG。自然をバッグにして、笑顔の写真を撮るのがベストだそうだ。

彼はほかにもヒゲは剃らなきゃ駄目! 髪は短髪で清潔感を抱かせるように。服装はダサいTシャツではなくて、スーツあるいはジャケットでびしっと決める。などなど、いろいろとアドバイスをしてくれた。

「あとぱっと見、若い子には伝わらない表現が多すぎますね。三島由紀夫とか(笑)若い子ウケするものは何か? を考えたときに、囲碁や将棋、アニメ、漫画、ライトノベルは無しかな。タロット占いは女の子ウケが良いので、前面に押し出しましょう」

駄目出しの嵐は続く。

ただ、ヒロ氏の主張はもっともだと思うものの、僕はどこか腑に落ちない思いを抱いていた。

たしかに格好つけたプロフィールにすれば、女性受けは良くなるだろう。けれど、実際に会ったときにどうする。イケメンリア充を装っていた自分の化けの皮は剥がれ、非リアぼっちのコミュ障であることが露見する。相手の失望する顔が目に浮かんだ。

《ありの~ままの~♪ 姿見せるのよ~♪》と歌う「アナと雪の女王」の主題歌のように、ありのままの自分を見せた方が良いのではないか。自分を偽りたくない、という気持ちが僕には強かった。

僕は、自分の道を進もうと決めた。ヒロ氏とのスカイプ通話を終え、暗くなったモニターを前に瞑目する。今回彼が教えてくれたノウハウはネットで検索をすれば、いくらでも見つかるたぐいのものだ。

要は「いかにして自分を格好良く魅せるか」というテクニックである。僕は、それとは一線を画する方法で、PCMAXを攻略することに決めた。

出会い系で女性ウケするプロフィールの作り方

プロフ作りの方針は3つ。

  • 嘘をつかないこと
  • 等身大の自分を見せること
  • 読む人を笑わせること

百聞は一見に如かず。僕が実際にPCMAXで用いているプロフィール(注1)をすべて曝け出そうと思う。お手本にするにせよ、反面教師にするにせよ、きっと読者の皆さんに役立つはずだ。

(注1)特定されるのを防ぐため、現在は文面を変えている。

プロフィールの例

PCMAXプロフィールの文字数制限、500文字ぴったりに収まるように書いた。

プロフィール
はじめまして。しがない物書きをしている者です。フリーライターです。休日がないのがツライところですが、平日の日中でも時間が空けられます。文通仲間、物書き仲間、友人、恋人…etc を募集しています。どなたでも歓迎します。まったり楽しく繋がりましょう。とくにアダルト目的では利用していません。元々はライター業の取材調査のために利用登録をいたしました。性格は三島由紀夫の『金閣寺』に出てくる主人公に似ているねってよく言われます。すなわち然程カッコイイわけではありません(お察しください)趣味でタロット占いの勉強中です。メール占い、対面占いもいたします。もしお悩み事がありましたらお気軽にご相談ください。同じく趣味で、囲碁と将棋もします。碁友、将棋友となってくださる方も歓迎です。ぜひ対局しましょう。アニメ、漫画、ライトノベルも好きですし、純文学、海外文学でも語れます。愛読書はミヒャエル・エンデの『モモ』とミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』です。
イラストを描いたり小説を書くのも好きです。

気が合いそうだなと思われた方はぜひお声掛けください。良き出会いとなりますように!

野暮ながら解説しておこう。プロフで例にあげている三島由紀夫の金閣寺の主人公は、どうしよもないコミュ障ぼっちだ。童貞をこじらせたあげくに風俗にハマり、金閣寺(主人公の憎しむ《美》の象徴だったもの)に火をつけてしまうお話だ。

つまり、童貞歴が長すぎておかしくなった私はこれから出会い系サイトに入り浸って美女と火遊びしますよ、というメタファー(暗喩)であり、分かる人が読めばドン引きするプロフなのである。

おまけに、愛読書としているミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』は、セックス狂の男が人生を破滅させてゆく物語だ。

確信があった。この悪意しかない本のチョイスに、PCMAXに登録している文学少女が食いつかないはずがない。そのもくろみは見事に成功(?)した。

メール海外ミステリ

僕はPCMAX登録後1ヶ月で、49歳女性、海外ミステリ好きのオバサンとメル友になった。

PCMAX「100の質問」

さて、これだけではない。PCMAXではメインのプロフィールのほかに「100の質問」という入力項目がある。これも意外と、女性は見てくれているらしい。というのは「モリサワさんの100の質問の答えが面白かったです」というメールを数人から貰ったからだ。女性からの「イイネ!」も10個ついている。

女性側は、けっこうプロフを深く読んでくれる。男性側と違い、どれだけ閲覧しようがポイントは消費しない。「プロフ巡りはあたしらにとっては娯楽みたいなもんよ」、とメル友のオバサンの証言も得ている。

だから僕も気合を入れて、100の質問にすべて回答した。(写メ投稿が必要なものを除く)ここでは全部は紹介できないが、いくつかを選んでピックアップしたい。

100の質問
Q.いつも何時頃に寝る?A.23時59分です。いつも「明日から頑張る!」とやる気を出していますので、深夜0時を跨いでしまうと地味にショックを受けます。Q.誰に似てるって言われる?
A.(眼鏡が)ハリーポッターに似ているってよく言われてました。でもこないだ眼鏡を買い換えたので、もうハリーポッターらしさがなくなってしまいました。

Q.結婚歴はある?
A.ないです。結婚できる気がしません。

Q.友達は多い方?
A.友だちがいないです。ぼっちです。ぼっちネタで10作くらい小説を書きました。もしご興味あればお見せしますよー

Q.異性と同性どっちの友達が多い?
A.友だちがいないです(二度目

Q.電話派?メール派?
A.断然メールです。電話めちゃくちゃ苦手です。でもこのプロフを読んでくださっているあなたからの電話であれば頑張ってお話します。

Q.イヌ派?ネコ派?
A.カメが好きです。

Q.いつもの服装は何系?
A.ユニクロの安いやつなので恐縮です。

Q.神様にごめんなさい
A.子どものときに「僕が世界を平和にする」と約束したので、その約束を果たせそうにないことが申し訳ないです。

大喜利のように答えていく形なので、書いていて大変楽しい。出会い系サイトは本当にもう、楽しんだもん勝ちだと思う。気張らずにリラックスして、女性との交流を楽しもう。僕はPCMAXをやっていた3ヶ月間のうちほとんどが40~50代オバサンとのコミュニケーションだったが、それでも楽しかった。

「偽らないあなたが好き」の言葉をもらって、とても嬉しかった。

裏プロフ

PCMAXは出会い系サイトなので、当然アダルト目的で利用する女性が多い。そのため、アダルト要素を質問文に含んだ「裏プロフ」なるものが存在する。

こちらもけっこう面白い入力項目となっているので、いくつかご紹介したい。

裏プロフ
Q.出会う前に顔写メ交換は可能かどうか?
A.わ、私の顔で良ければどうぞ。

Q.初体験はいつ?
A.初体験がないからここに登録しているんですよ!!!

Q.初体験の感想をどうぞ!
A.ないので!!!

Q.Hでは相手をどう満足させる?(またはあなたのオススメポイントは?)
A.もう許して下さい。私は童貞なのです(泣)

Q.一晩で何回デキる?
A.な、何回もデキるのがふつうなのですか!?!! 経験ないのでわからないです。

Q.ぶっちゃけ早い?遅い?どれくらい?
A.走るの遅いですね。早漏か、というご質問でしたら答えはYESです。

Q.今までやった変わったHは?
A.催眠オナニー 体外離脱オナニー 明晰夢オナニー

Q.こんなHが好き!
A.催眠はいいですよ……女性向けの催眠音声もあります。

Q.あなたのエッチの特徴は??
A.催眠オナニーで、自らの瞑想のみで絶頂することができます。

見る人が見ればドン引きしそうなプロフィール。でもそもそもの質問内容がアレなので仕方がない。ちなみに、僕の裏プロフ。女性(ただしここではオバサンのことを指す)からの評判はすこぶる良かった。

なぜ等身大のプロフィール?

さて、僕があえてこのようなプロフィールでPCMAXをやっていたのは、ひとえに「ピュアな出会いがしたい」という願いがあったからだ。援助交際や割り切りのセフレではなく、本当の意味で恋人を作りたい。だからこそ、自分を偽ったプロフにはしなかったし、格好もつけなかった。等身大の自己PRをしておけば、援助交際目的の女性は近づいてこないだろう。

実際に、そのとおりだった。

ただ残念なことに、僕に好意を寄せてくれたオバサン連中。彼女らはみな既婚者で「不倫」目的で出会い系を使っていた。そもそもPCMAXのアダルト掲示板には「既婚者」カテゴリが存在するのだ。これはもう(運営は表立って不倫を推奨はしないが)暗黙の了解とでも言うべき事柄であった。

つまり結論を述べてしまえば、PCMAXでのピュアな出会いは難しい。PCMAXに限らず他の出会い系でも同じだと思う。(これ言ったらPCMAXさんに怒られるかもしれないけれど)

取材の過程で「彼氏がPCMAXをやめてくれんから破局したんよ。出会い系中毒って言うん? 付き合うんやったらさ、出会い系はきっちりやめてほしいよね」という女性の嘆きも耳にした。ただし、その女性もPCMAXで次の彼氏探しをしていたわけだが……。

一番最初の記事でも述べた通り、僕は神に誓って、約束をする。出会い系の体験談を書くにあたって、一字一句たりとも、嘘をつかない。

だから最後に、ひとつだけサクセス・ストーリーを紹介して、この記事を終えたい。

つい先週のこと。

PCMAXをやっていてはじめて、女性の方からメッセージを受け取った。(いつもは僕の方から相手にアプローチをかける。女性は基本的に受け身のため、女性側からアプローチされることはほとんどない)

彼女は僕のプロフィールを面白いと褒めてくれて「もし良かったらメル友になりませんか?」と誘ってくれた。28歳の女性で、イラストレーターをしているらしい。さっそくメールアドレスを交換する。文章のみのやり取りだが、メールでの話は大いに弾んだ。

メッセージ「プロフおもしろ2」

盛り上がったのは同人活動の話だ。彼女と僕は、とても趣味が似通っていた。漫画を描く。小説を書く。アニメを見る。ライトノベルを読む。要は、オタクであり創作仲間。ここでプロフを偽らなかったことが生きてきた。

まさかPCMAXに二次元系オタクがいるとは思わなかったが、さすがは400万人を超える会員数を誇る大手出会い系サイトである。彼女のようなタイプの人も、出会い系を使っているのだ。僕はいたく感動を覚えた。

「同人誌出版とコミケ参加の経験がある」というのも僕たち共通の接点だった。同類の創作者として、彼女とはすぐに打ち解ける。今期アニメの話、新刊ラノベの話、人気漫画の話。彼女との話題は尽きることがなく、その日のメールは深夜まで続いてしまった。

そこで、彼女から「モリサワさんとはほんとに気が合いますね。今度お会いしませんか?」とお誘いをいただいた。もちろん、行くのはラブホではない。9月18日に大阪で開催される「文学フリマ」だ。

彼女のサークルがそこで出店するので、ぜひ来て欲しい。終わったら一緒にディナーでも、とのことだった。

僕はこの記事を書いている今、彼女と出会えるその日を心待ちにしている。恋人になれるかは分からない。でも生まれて初めて、同年代で異性の友人ができた。今までずっとぼっちで孤独だった自分にとって、これほどに嬉しいことはない。

以上、僕から語れるサクセス・ストーリーは、ここまでだ。

これをどのように受け取るかは、読者の方々に委ねるがこれだけ言わせてほしい。

人と人が出会えば、人生は変わるよ。

 

僕は今まで、出会い系サイトを通じてさまざまな人と会ってきた。不倫オバサン援助交際をする妊婦業者デリヘルの女保育士マッサージ師使用済み下着の売り子同業のライターメンヘラ少女…etc

彼女たちと会って話を聞くのは楽しかったし、確実に得るものがあった。今まで家に引きこもっているだけでは決して知り得ない、外の世界を見ることができた。あわよくば全員とセックスしたかったが、それとこれとは別の話。彼女たちと、出会えたこと。会って話せたことに、一切の後悔はない。

成功するかはさておき、出会い系サイトは、楽しい。登録して行動すれば、確実に人生は変わるだろう。

このことだけは、僕が全文責を負ってでもあなたにお伝えしたい、たったひとつの真実だ。

(取材/文 taku_morisawa)

↓↓詳細はココをクリック↓↓ 出会い系ランキング情報
スマホ@出会い系
taku_morisawa

taku_morisawa

投稿者プロフィール

1993年生まれ。兵庫県在住の小説家、ときどき無名のネットライター。
月上限3,000円で出会い系に挑戦しています。最新記事のチェックぜひ!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 出会い系では兎にも角にも最初のメールの書き方次第で会えるかどうかが決まってくる。 現実には口下…
  2. 8月2日はパンツの日。唐突だが、パンツの日に合わせて、女性の使用済み下着を手に入れたいと思った。 …
  3. 「メンヘラーは母乳がでる」 メンヘラ以外でこのことを知っている人は個人的には相当な好き…

出会い系特集

  1. 2016-7-31

    スマホで出会える出会い系特集

    ぼくが若い頃は同級生の女の子がテレクラでオヤジと出会っていたが、 いまとなっては若い女は...
  2. 2016-7-21 更新

    出会い系ランキング情報

    「とにかく今すぐセックスしたい方」「セフレがほしい方」「たくさんの女性と体験したい方」...

人気記事ランキング

アーカイブ

外部ライター募集

本サイト「即系物件.com」では出会い系、ナンパ、風俗、恋愛ネタ関連のオリジナルコンテンツを書いてくださるライターさん(プロ・アマ問わず)を募集します。

⇒募集内容はこちら

お問合せ

サイトに関するお問合せを承っております。

⇒お問合せはこちら
ページ上部へ戻る