出会い系で年齢確認なし携帯登録不要のサイトをお探しのあなたへ

出会えない出会い系サイトの見分け方

出会い系で年齢確認なし携帯登録不要のサイト、要は個人情報の登録が一切不要の匿名出会い系サイトをお探しのあなたへ。

現行の法律(出会い系サイト規制法)では、出会い系サイトの「18歳未満でないことの確認(年齢認証)」は必須。加えて、「重複登録防止のための携帯番号の登録」のないところは援デリ業者やメアド収集業者の多重登録あるいは不正な登録が横行する出会えない系のサイトである可能性が高い。

だから、やめたほうがよいかと思う。

出会い系で年齢確認なし携帯登録不要のサイトを探すのは、自ら騙されにいくようなものだ。

出会い系サイトの年齢確認

現在、まともな出会い系サイトでは18歳以下の未成年を排除するために必ず年齢確認を行っている。これは法律で決められていて例外はない。ここで言う年齢確認とは、一般にアダルトサイトなどでサイト閲覧時に表示されるような、

「あなたは18歳以上ですか? YES or No」

といった便宜的なものではなく、より確実な方法がとられる。具体的には免許証等の身分証明書の提出、もしくはクレジットカードのポイント購入で行われる。

運転免許証で年齢確認を行う

免許証の提出といっても、コピー等を郵送で提出するわけではない。それに、あくまで年齢確認だけが目的なので顔写真や住所・氏名は伏せてOK。

パソコンなら付箋などでマスキングした身分証明書をカメラで撮って、その画像データを送信する。

PCMAX年齢確認

スマホ・ケータイならカメラ機能を使えばいい。データを送ってから1分程度で承認される。簡単。

運転免許証以外で、出会い系サイトの年齢確認に使える書類は他にもある。

  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 外国人登録証明書
  • 年金手帳
  • 共済組合員証
  • 在留カード
  • 住民票
  • 障害者手帳
  • 社員証
  • 卒業証書

免許証での年齢確認が一般的かと思う。免許証がない人はクレカによる認証を考えよう。

クレジットカードのポイント購入で年齢確認を行う

年齢確認の方法は身分証明書の提出だけではない。クレジットカードでポイント購入することでも年齢確認ができる。

ご存じのようにクレジットカードは基本、未成年者は持てない。ポイントの購入をクレジットカードで行うということは、イコール未成年ではないと証明できるというわけだ。

個人的な価値観だが、クレジットカードでの年齢確認はいちばん匿名性が高くお勧めだ。それに出会い系サイトを使い続ける場合、ポイント購入は避けては通れない。いざポイントが欲しいとなったときにワンクリックで購入できるクレジットカードは手間がなくていい。

出会い系サイトの電話認証は多重登録防止のために行われる

電話認証は多重登録防止のために行われる。電話認証を導入した出会い系サイトでは、1つのアカウントを作るために、生きている電話番号が1つ必要だ。

逆に言えば、電話認証のないサイトでは大量のアカウントを不正に取得することが可能である。

たとえば他サイトへの誘導業者や援デリ業者が通報により退会処分を受けたとする。電話認証のあるサイトだと復帰へのハードルは高いが、電話認証のないサイトだと、たやすい。

どちらが荒れにくいかは言うまでもない。

ついでながら言うと、電話認証のある出会い系サイトは資金力のあるところに限られる。資金力のある出会い系サイトは、一般女性にリーチするための広告費に掛ける予算の桁が違う。これはつまり素人女性との出会いやすさに直結する。(ぼくが電話認証を導入している出会い系サイトをお勧めする理由はここにもあった)

電話認証といっても、想像するような面倒なことは一切なかった。ボタンを押すだけで発信は完了。誰とも話すことはなく終了する。えらくあっけなく終わるので、心配するよりも行動したほうが早いというのがぼくからのアドバイスだ。

出会い系サイトの未成年問題

年齢認証のあるサイトは基本的には18歳未満はいないことになっている。しかし、どういうわけか一定数存在もしている。目的は援交だ。おそらく身分証を偽装して登録したのだと思う。

ちなみに未成年とセックスして問われる罪は基本的に以下の3つのうちのどれかにあてはまる。

  1. 児童買春禁止法違反
  2. 青少年保護育成条例違反
  3. 児童福祉法違反

児童買春禁止法違反は未成年にお金を渡しての買春、いわゆる援助交際で問われる罪である。この場合の児童とは18歳未満の者を指す。対して、金銭のやり取りがない場合に問われる罪は青少年保護育成条例違反、あるいは児童福祉法違反である。

援交した女性が18歳未満と知らなかったと主張して、認められればたしかに犯罪は不成立なのだけど、スマホの通話履歴や自宅PCを押収されてなお知らなかったと言い逃れができるだろうか。捜査官の追求はあなたが思っている以上に厳しい。

結婚するつもりだったと言い逃れする人もいるが、年齢差が大きい場合や、保護者(相手の親)が被害届けを出すなどした場合は弁解は一切通用しない。

一時の快楽のために払う代償は大きい。

参考までに、ぼくの知人で女子高生と援交をして捕まった男がいる。

「若いです。制服有り、ゴム着、ホ別参。やさしい方がいいです」という書き込みにメールを送ったという。「ホ別」とはホテル代別で、「参」とは援交の値段が3万ということだ。素人が良くて出会い系サイトを利用しているのに、手慣れた様子はまるでプロの業者のようだったという。

女「はい、おにいさん。3万円前払い。それと免許証出してね」

カシャッ。

女「はい、返すね。いま撮影したデータをパソコンに送ったから、なんか変なことしたら警察行くよ」

援交を繰り返す女子高生はプロ業者となんら変らない。顧客データを手帳に書き留めておくのはあたりまえ。なかにはExcelでデータを管理している”つわもの”もいる。

そんな彼女たちが補導されて、芋づる式にあなたまでたどり着くことは容易に想像できる。援交して半年が経ったある日、自宅に警察がきたなんて話を聞くのはこのためだ。

「◯◯さん、いる? 警察!」
「いるんでしょ? いるならドア開けて」

ドンドン、ドンドン(扉を叩く音)。

知人は、警察がきた瞬間、後悔しかなかったと言っていた。

心配なら行動しないという選択肢も

現実に出会い系サイトというものは玉石混交で良い物を見分けるのは難しい。もし行動するのが怖いなら、行動しないという選択肢もある。現状は何も変わらないが、不利益を被ることもない。どちらを選ぶかはあなた次第だ。

ただ、ぼくは行動しないことで後悔することのほうが怖かった。だから行動した。

いままでに後悔したことは一度もない。

↓↓詳細はココをクリック↓↓ 出会い系ランキング情報
スマホ@出会い系
即系物件.com

即系物件.com管理人

投稿者プロフィール

本サイト「即系物件.com」管理人。元編集者。風俗、ナンパ、出会い系の記事を書いています。

出会い系サイトをはじめたきっかけ
その他、詳細については投稿者プロフィールへ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 出会い系では兎にも角にも最初のメールの書き方次第で会えるかどうかが決まってくる。 現実には口下…
  2. 8月2日はパンツの日。唐突だが、パンツの日に合わせて、女性の使用済み下着を手に入れたいと思った。 …
  3. 「メンヘラーは母乳がでる」 メンヘラ以外でこのことを知っている人は個人的には相当な好き…

出会い系特集

  1. 2016-7-31

    スマホで出会える出会い系特集

    ぼくが若い頃は同級生の女の子がテレクラでオヤジと出会っていたが、 いまとなっては若い女は...
  2. 2016-7-21 更新

    出会い系ランキング情報

    「とにかく今すぐセックスしたい方」「セフレがほしい方」「たくさんの女性と体験したい方」...

人気記事ランキング

アーカイブ

外部ライター募集

本サイト「即系物件.com」では出会い系、ナンパ、風俗、恋愛ネタ関連のオリジナルコンテンツを書いてくださるライターさん(プロ・アマ問わず)を募集します。

⇒募集内容はこちら

お問合せ

サイトに関するお問合せを承っております。

⇒お問合せはこちら
ページ上部へ戻る